産後の骨盤はなぜ歪むのか?

産後の骨盤はなぜ歪むのでしょうか?

骨盤が歪むのは、ホルモンの影響!?

出産直後、ママの体の中にはリラキシンという女性ホルモンが分泌されています。

リラキシンというホルモンは、関節や靭帯を緩める作用があり、「子宮緩和因子」とも呼ばれています。

このリラキシンのお陰で、ママの産道周辺の関節や靭帯が緩まって、可愛い赤ちゃんがスムーズに出て来れます

骨盤が変化
リラキシンの影響で骨盤が変化

リラキシンの影響で、骨盤の仙腸関節が弛み・仙骨が下がります。また恥骨結合部の靭帯も開き、赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤が変化します。その影響で、骨盤が開いてしまいます。

開いた骨盤は、出産後徐々に元の状態に戻っていきますが、出産前の骨盤の状態に戻るかというと微妙です。

妊娠出産で骨盤を支えていて筋肉が伸ばされるため、出産後骨盤を元の位置に戻そうと体が機能しても、衰えた筋肉の影響で骨盤の位置に左右さがでてしまいます。

この左右差(歪み)を整えるのが、産後骨盤矯正の役割になります。

産後の骨盤を整えるために

産後の骨盤を整えたいママは、松山市に多くいます。

1人目を出産されたママ、2人目、3人目と、子供を出産するたびに、骨盤は開いていきます。

そんな産後の骨盤は、早ければ早いほど元の状態に戻りやすく、骨盤を整えることで産前の体形や身体の状態に戻ります。

もしあなたが、産後の骨盤矯正を真剣に考えているのなら、私たちにご相談ください。

あなたの産後の骨盤を私たちが整えます。

まずは産後の骨盤矯正2回2,980円キャンペーンで、私たちの産後の骨盤矯正がどのようなものかお試しください。

産後の骨盤矯正2回2,980円キャンペーン